メ~ブツ

 

夏休み最後の日曜日、8月26日にメ〜ブツワークショップ「お座敷芸 金のしゃちほこがま口をつくろう!」を開催しました。
午前、午後とも満員御礼の申込みを頂き、たくさんの方たちに、手作りで、がま口の制作を体験いただきました。
老若男女(あ、老の方はいらっしゃらなかったです)、意外

 

 

夏休み最後の日曜日、8月26日にメ〜ブツワークショップ「お座敷芸 金のしゃちほこがま口をつくろう!」を開催しました。

午前、午後とも満員御礼の申込みを頂き、たくさんの方たちに、手作りで、がま口の制作を体験いただくことができました。

 

 

 

 

 

 

講師はもちろん、金のしゃちほこがま口のデザイナー、小山 奈緒子さん。

今回のために、ワークショップ限定カラーの生地を用意してくれたり、とにかく準備万端、気合いはいってます。

ワークショップのチラシも彼女のデザインです。

 

 

 

 

 

 

 

 

老若男女(あ、老の方はいらっしゃらなかったですが)、こちらが予想したよりも年齢層も広く、また意外にも男性の参加者の方も何人かいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

手先の細かい仕事で、なおかつみなさん真剣なため、宴会でカニを食べてるときのように、黙々と作業する音だけが静かな会場に伝わっていました。

その不気味な静けさに不自然さを感じて、Loopに来場の一般のお客様も、奥のワークショップが気になる様子でした。

(別に怪しいことしてるわけじゃないですよ。。。)

 

 

限定色は6色、上に並んでいるのが、外側の布になる金鯱柄、下は内側の布のお座敷芸柄です。

夏らしく明るめのものあり、シックで大人な組み合わせの色あり、どれもとても好評でした。

色の名前も、人参 x 茄子、 抹茶 x どら焼き、など、趣向を凝らした色の名前を今回覚えてもらうのもメ〜ブツの「みやげ話」としています。

 

 

 

 

縫い物って、性格でるんですね。。。

ザクッ、ザクッ、と躊躇なく縫い針を前進させる人、ゆっくりだけどミシンで縫ったかのように細かく精密に縫う人など。

(注:このお二人のことを言ってるわけではありません。)

スピードはさておき、やはり最後は、丁寧な仕事をした人が、美しいがま口を仕上げることができたようです。

 

 

 

 

 

 

完成品を持っての記念撮影です。

今回制作した物は、販売しているものに比べ、少し小振りですが、小銭入れ、ピルケースの用途だと、ちょうどいい大きさかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

小さなお子さんには少し作業が難しかったようで、2時間以上かけて、納得の一品を仕上げてくれたお嬢さんもいました。

もの作りが好きな子なんでしょうね、上手くできなくても投げ出さず、自分が納得するために大胆にやり直していました。

実は、まだ小学校の家庭科でも、裁縫の授業を受ける前だったようですが、最後はにっこり笑ってがま口を手にしていました!

 

 

ワークショップの参加者様からも、「今回の材料をまとめて、手作りキットを販売して欲しい」とのご希望があったため、数に限りはありますが、今後Loopでの販売を検討中です。

 

 

 

 

もし店頭で見かけたら、ぜひ独りワークショップ「お座敷芸 金のしゃちほこがま口をつくろう!」に挑戦してみてください!

 

 

 

 

 

「名古屋の新しい名物」とうたってるメ〜ブツですが、地元以外に、県外、国外とどこまで出かけてるのか気になります。
土産物として一部商品が中部国際空港セントレアの「中部武将館 SAMURAI LAB.」で販売いただいてるので、知らぬ間に遠く海外まで行ってるのかもしれません。
今回はなんと、Loopを運営されてる国際デザインセンターさんの計らいで、「DMY国際デザインフェスティバルベルリン2012」にメ〜ブツがいくつか参加させてもらいました!
以前には韓国のデザインフェスティバルにも、メ〜ブツの名古屋城キャンドル、キレシャチ、金鯱シューキーパー、金シャチ祝儀袋が出展物の一部として参加させてもらったのですが、本来土産物だけ、小さく運びやすいことなどから、色々なところに出向かせてもらって光栄です。
今回ベルリンでの目玉は、なんといっても株式会社伊千呂(名古屋市守山区)さんの「コロロ」です。
元々、化粧板メーカーの伊千呂さん、オリジナル商品をトラフ建築設計事務所さんと組んで、とてもかわいい家具を発表されたのです。
ディレクション(といっていいのかな?)は、紫牟田伸子さん。
そして、韓国もそうですが、これら様々な世界中のデザイン都市との交流を積極的に行っているのが、クリエイティブ・デザインシティなごや(CDCN)&国際デザインセンターの江坂さんです。
この素晴らしいメンバーで、素晴らしい家具ができて、素晴らしい会場で発表。
そのコロロの中に、上に名古屋城キャンドルを置いてもらいました。
ありがとうございます。
コロロ、目の肥えたドイツの人たちに大評判だったそうです。
展示品はベルリンのショップにお嫁入りするほど。
日本ではちょうど昨日から青山のCIBONEさんで販売開始したそうです。
名古屋発信の家具が、ドイツのショップに並ぶのも間近かもしれませんね。

 

 

 

「名古屋の新しい名物」とうたっているメ〜ブツですが、地元以外に、県外、国外とどこまで出かけてるのか気になります。

土産物として一部商品が中部国際空港セントレアの「中部武将館 SAMURAI LAB.」で販売いただいてるので、知らぬ間に遠く海外まで行ってるのかもしれません。

一度行方を追ってみたいものですね。

 

 

今回はなんと、クリエイティブ・デザインシティなごや推進事業実行委員会さん出展主催の、「DMY国際デザインフェスティバルベルリン2012」にメ〜ブツもいくつか参加させてもらいました!

 

 

 

 

 

以前には韓国のデザインフェスティバルにも、メ〜ブツの名古屋城キャンドル、キレシャチ、金鯱シューキーパー、金シャチ祝儀袋が出展物の一部として参加させてもらったのですが、本来土産物だけに、小さく運びやすいことなどから、色々なところに出向かせてもらってます。

世界的な晴れ舞台にメ〜ブツお披露目できて光栄です。

 

 

今回ベルリンでの目玉は、なんといっても株式会社伊千呂(名古屋市守山区)さんの「コロロ」です。

(写真に大きく映っている3つの机とイスのセット)

 

元々、化粧板メーカーの伊千呂さん、オリジナル商品をトラフ建築設計事務所さんと組んで、とてもかわいい家具を発表されたのです。

ディレクション(といっていいのかな?)は、紫牟田伸子さん。

そして、韓国もそうですが、これら様々な世界中のデザイン都市との交流を積極的に行っているのが、クリエイティブ・デザインシティなごや(CDCN)/国際デザインセンターの江坂さんです。

 

この素晴らしいメンバーで、素晴らしい家具ができて、素晴らしい会場で発表。

そのコロロの中に、上に名古屋城キャンドルやキレシャチを置いてもらいました。

ありがとうございます。

 

 

コロロ、目の肥えたドイツの人たちに大評判だったそうです。

展示品はベルリンのショップにお嫁入りするほど。

日本ではちょうど昨日(6/28)から青山のCIBONEさんで販売開始したそうです。

 

名古屋発信の家具が、ドイツのショップに並ぶのも間近かもしれませんね。

 

 

 

 

 

5月12日はLoopの催事として、メ〜ブツの折形ワークショップを開催いたしました!
講師は大学時代の友人、鈴木 奈穂子さん(金鯱祝儀袋の作者であり、和紙や布を使った造形作家)で、この日のためだけに東京から駆けつけてもらいました。感謝!!!
僕は同じデザイン専攻とはいえ、彼女が専門とする、和紙も折形もまったく分からないので、紙の購入から準備まですべてお任せで、当日の集金以外ほぼ役立たずでした。スミマセン。。。
折形ワークショップということで、今回は金鯱祝儀袋のミニ版と、もう一つ「正方形うろこ折形」を作りました。
金鯱祝儀袋は、子どもの頃新聞紙で折った兜(という話が通じる人は古い世代?)をさらに折り進めて、向かい合わせの金鯱ができる、鈴木さん創作のオリジナル折形です。
一方、正方形うろこ折形は、伝統的に昔からあるもので、紙幣包み等と呼ばれるものです。
今回は、参加者に好きな方を、そして好きな色の紙を選択してもらって制作してもらいました。
皆さんすご〜く、真剣な表情です。
なかでも姉弟で参加くださった、4歳の男の子と、7歳のお姉ちゃんは、真剣かつ、集中力がすごかった!
講師の方は、金鯱祝儀袋と、正方形うろこ折形と、全く違う2つの折り方を教えるので、てんやわんや。あっち行ったり、こっち行ったり。
好きで参加を希望された方達とはいえ、皆さん凄く上手でしたね。
そして、子どもさん、女性の参加者が多いと思いきや、意外にも何人か男性の方も挑戦してくれました。
スタッフのクワヤマさんも挑戦!前評判を裏切り?!、なかなかの出来映えで本人もご満悦です。
「クワヤマでも出来ました!」と来場者の飛び入り参加者の勧誘に熱心でした。さすがスタッフの鏡!
講師の鈴木さんには、今までの作品をまとめたポートフォリオも持ってきてもらったのですが、これが凄い!
学生時代から、最近まで、特に「紙を折った形」の研究がメインなのですが、ん十年もその興味が続いて、発展してるのがまとまっているんです。
飽き性の自分では、全く考えられない深堀りの作品群でした。
その作品集は、小さなお子さんも真剣な目で見入っていたので、なにかピン!ときたんだと思います。
それら、とんでもない緻密な折形の作品に、ひょ〜〜と、驚愕の声をあげていたら、肝心の写真を撮るのを忘れてしまいました(失念!)
代わりにといってはなんですが、彼女が「雪のデザイン賞」で金賞を受賞した和紙の照明作品「冬のともしび」の写真を掲載です。折形以外にも、照明器具作品もいくつか制作されてます。
今回制作した、ミニ金鯱祝儀袋も正方形うろこ折形も、どちらも金子(きんす)包みとして、お金を入れて手渡しをするものです。
大きさも小さめですし、ポチ袋としていろんな機会で実際使ってもらったり、憶えた折り方で新たに自作してもらえると嬉しいですね。
ご参加頂いたみなさま、講師の鈴木さん&Loopスタッフのみなさま、ありがとうございました!

5月12日はLoopの催事として、メ〜ブツの折形ワークショップを開催いたしました!

 

 

 

 

講師は大学時代の友人、鈴木 奈穂子さん(金鯱祝儀袋の作者であり、和紙や布を使った造形作家)で、この日のためだけに東京から駆けつけてもらいました。感謝!!!

僕は同じデザイン専攻とはいえ、彼女が専門とする、和紙も折形もまったく分からないので、紙の購入から準備まですべてお任せで、当日の集金以外ほぼ役立たずでした。スミマセン。。。

 

 

 

折形ワークショップということで、今回は金鯱祝儀袋のミニ版と、もう一つ「正方形うろこ折形」を作りました。

 

 

 

 

金鯱祝儀袋は、子どもの頃新聞紙で折った兜(という話が通じる人は古い世代?)をさらに折り進めて、向かい合わせの金鯱ができる、鈴木さん創作のオリジナル折形です。

一方、正方形うろこ折形は、伝統的に昔からあるもので、紙幣包み等と呼ばれるものです。

今回は、参加者に好きな方を、そして好きな色の紙を選択してもらって制作してもらいました。

 

 

 

皆さんすご〜く、真剣な表情です。

 

 

 

なかでも姉弟で参加くださった、4歳の男の子と、7歳のお姉ちゃんは、真剣かつ、集中力がすごかった!

 

講師の方は、金鯱祝儀袋と、正方形うろこ折形と、全く違う2つの折り方を教えるので、てんやわんや。あっち行ったり、こっち行ったり。

 

 

好きで参加を希望された方達とはいえ、皆さん凄く上手でしたね。

そして、子どもさん、女性の参加者が多いと思いきや、意外にも何人か男性の方も挑戦してくれました。

 

 

 

スタッフのクワヤマさんも挑戦!前評判を裏切り?!、なかなかの出来映えで本人もご満悦です。

「クワヤマでも出来ました!」と来場者の飛び入り参加者の勧誘に熱心でした。さすがスタッフの鏡!

 

 

 

 

講師の鈴木さんには、今までの作品をまとめたポートフォリオも持ってきてもらったのですが、これが凄い!

学生時代から、最近まで、特に「紙を折った形」の研究がメインなのですが、ん十年もその興味が続いて、発展してるのがまとまっているんです。

飽き性の自分では、全く考えられない深堀りの作品群でした。

 

 

その作品集は、小さなお子さんも真剣な目で見入っていたので、なにかピン!ときたんだと思います。

それら、とんでもない緻密な折形の作品に、ひょ〜〜と、驚愕の声をあげていたら、肝心の写真を撮るのを忘れてしまいました(失念!)

 

代わりにといってはなんですが、彼女が「雪のデザイン賞」で金賞を受賞した和紙の照明作品「冬のともしび」の写真を掲載です。折形以外にも、照明器具作品もいくつか制作されてます。

 

(中谷宇吉郎雪の科学館/雪のデザイン賞HPより)

 

 

 

 

今回制作した、ミニ金鯱祝儀袋も正方形うろこ折形も、どちらも金子(きんす)包みとして、お金を入れて手渡しをするものです。

大きさも小さめですし、ポチ袋としていろんな機会で実際使ってもらったり、憶えた折り方で新たに自作してもらえると嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

ご参加頂いたみなさま、講師の鈴木さん&Loopスタッフのみなさま、ありがとうございました!

 

<< First << 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 Last >>